Top
「確かに存在する」
a0016783_211542.jpg
空から私が携わっている建設現場を見る機会に恵まれました。製品検査で岡山に向かう飛行機の中でのことです。かつて、物書きやデザイナーなどの二次元を扱う?友人に羨ましがられた事があります。それらの発言は建築が持つ場所性を指し示してのことです。

文字なりイラストなりインスタレーションの作品の寿命の短さと比べ建築は否応なしに長い期間「展示」されるからで、そこは大きく違って建築が暴力に成り代われる部分を含んでいるから成り立つ部分もあるのですが。

そんなの一長一短あるんじゃないの、と心の中で思いながら「へー、、」とその発言を聞いていましたが、遠く地平線を望めるはるか上空の彼方から僕の関わった建築が、軽く透明で無機質な情報化社会に「確かに存在する」ことを嬉しく思い実感しました。
[PR]
by ssnostalgia | 2004-06-16 21:16
<< ゲームズマン 「きわめてよいふうけい」 >>



XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項