Top
「ブラジル:ボディ・ノスタルジア」
ご紹介頂きました、東京国立美術館の企画展、「ブラジル:ボディ・ノスタルジア」にさっそく行って来ました。捉えきれない部分がありましたが、大地に足が付いている表現だと思いました。大地に暮らしているなかジャンプして大地から離れようとするのと、大地から離れてしまって不安がって大地を確認するために着地するのとどちらかというと、今回の展示は前者だと感じました。微妙な表現ですみません。こういった企画の展示会は何度か足を運んで確認するものでしょうね。

アップした写真は美術館ないのレストラン「H2」でのおやつショットです。
デザートはまあまあでした。天気が良い週末でしたね。
[PR]
by ssnostalgia | 2004-06-13 22:05
<< 「きわめてよいふうけい」 ジュリアン・ムーア >>



XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項