Top
相田みつを・・・其の四(番外編)
曼珠沙華

歯をくいしばって がまんをしてたんだよ
泣くにも泣けなかったんだよ
弟のわたしが いっしょだったから
曼珠沙華の花にきている
蝶をみていると 涙こらえた 少年の日の
兄の姿が眼にうかぶ

みつを

・・・・・・・・・・・
兄弟や家族について詠っている詩です。
百恵ちゃんの歌にもあるこの花の詩を「相田みつを」が詠っているのを知ってしまってね。
ダラダラとスミマセン

が、意外にこういったものが意味をもつんだ。
頭ひねって考えます。
[PR]
by ssnostalgia | 2004-09-25 00:07
<< 憂鬱 「江戸にフランス革命を!」 最... >>



XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項